ハーレーパーツへのカスタムロゴ、名入れ彫刻加工の専門店【すりじぇ えっちんぐ しょっぷ】

ハーレーパーツへカスタムロゴ,名入れ彫刻加工!オリジナルハーレーパーツ専門店すりじぇ えっちんぐ しょっぷ  ハーレーパーツ1個からオリジナルカスタム制作!デザインデータ無料!

ハーレーダビッドソンの車種や年式を調べる方法

ハーレーのパーツをオーダーする際に必要となる車種や年式。
間違った車種や年式でオーダーすると、パーツが適合しない等の問題が発生します。
せっかくオーダーして作ったハーレーパーツが取付け出来ないなど最悪の事態を避ける為にも、正確な車種や年式を把握してからオーダーしましょう!
早速、正確な車種や年式を調べる方法を紹介していきます。
 

ハーレーの車検証から調べる



ハーレーの車検証の初年度登録を確認するのが定番の方法です。
あくまで、初年度登録の年月日ですので、たまに年式とずれていたりする事もあるので注意が必要です。
通常ではあまり問題ないですが、ハーレーのエンジンが変わったりする境目付近の年式の場合は車検証だけでなく、ハーレーの車体番号から正確に車種年式を調べる事をおすすめします。
早速、ハーレーの車体番号から車種年式を調べる方法を記載します。
 

ハーレーの車体番号(フレーム番号)から調べる



ハーレーの車体番号からは
・製造された年式
・ハーレーのモデル
・製造された地域
・排気量
などを知る事が出来ます。

ご自身のハーレーの年式などを知る上で一番確実な確認方法です。
すごく簡単なので、難しく考えないで下さいね♪

現行のハーレーの18ケタの車体番号は1980年アメリカで開始されました。
ですので、主にハーレーのエボ(1984年以降)からの確認方法になります。
※ナックルヘッド、パンヘッド、初期のショベルヘッドには当てはまりませんのでご注意ください。
 

フレームナンバー(車体番号の見方)1桁目

1桁目は「1」か「5」になります。
・1はアメリカで製造されたハーレー
・5はその他で製造されたハーレー
日本のハーレーのディーラーで購入した場合ほとんどが「5」です。

ハーレーダビットソンジャパンは「5」になります。
 

フレームナンバー(車体番号の見方)2〜3桁目

・2桁目は「H」はハーレー(HARLEY)のH
・3桁目は「D」はダビッドソン(DAVIDSON)のD
ハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON)という意味です。
 

フレームナンバー(車体番号の見方)4桁目

4桁目は「1」か「4」か「8」のになります。
・「1」は901cc以上のモデル
・「4」は351cc〜900ccのモデル
・「8」はサイドカー

ほとんどのハーレーのモデルは901?以上なので4桁目には「1」です。
思いつくだとスポーツスター883やストリート750が「4」になります。
 

フレームナンバー(車体番号の見方)5〜7桁目

5桁目6桁目7桁目の3桁でどのモデルかと言う事が正確に分かります。
かなり多いので、気になる方はご自身で調べてください。
排気量とエンジンがわかる7桁目だけ紹介します。

K=1340cc ショベルヘッド
H=1000cc XL
L=1340cc エボ キャブモデル
M=883cc XL
N=1100cc XL
P=1200cc XL
R=1340cc エボ インジェクションモデル
V=TC88 キャブモデル
W=TC88 インジェクションモデル
B=TC88B インジェクションモデル
Y=TC88B キャブモデル
1=TC96
 

フレームナンバー(車体番号の見方)8桁目

?8桁目は5,6,7、桁目で分類したものをさらに詳しくしたものです。
1=レギュラーモデル(一般的なモデル)
2=中期型モデル
3=カリフォルニアモデル(排出ガス規制対策車)
4=アニバーサリーモデル
5=インターナショナルモデル
6=プロトタイプ

 

フレームナンバー(車体番号の見方)9桁目

9桁目は警察などの調査機関の為の番号になります。
0〜9もしくは”X”になります。
 

フレームナンバー(車体番号の見方)10桁目

ハーレーパーツをオーダーする場合に重要な10桁目です!

ここの番号で年式が分かります。

A=1980 B=1981 C=1982 D=1983 E=1984 F=1985 G=1986 H=1987 J=1988 K=1989 L=1990 M=1991 N=1992 P=1993 R=1994 S=1995 T=1996 V=1997 W=1998 X=1999 Y=2000

2001年からは数字です。
1=2001 2=2002 3=2003 4=2004 5=2005 6=2006 7=2007 8=2008 9=2009

2010年からはまたアルファベットになります。
A=2010 B=2011 C=2012 D=2013 E=2014 F=2015 G=2016
H=2017・・・

 

フレームナンバー(車体番号の見方)11桁目

11桁目はハーレーの生産工場コードです。
・Y=ヨーク工場
・K=カンザス工場
 

フレームナンバー(車体番号の見方)12〜18桁目

6桁の数字は個々のハーレーの番号です。
同じ数字はありません。